長女妊娠中

えりぃです。

長男、次男の妊娠、出産記を書いているので
長男妊娠中
長男妊娠からの出産
次男妊娠中
次男妊娠からの出産
長女のことも書いて行こうと思います。

長女の妊娠が分かったのは
長男が本来ならば、幼稚園に入園してる時期、でした。

長男は発達障害の疑いがあったので
入園も半年遅れました。
発達障害 子どもの障害の疑いを指摘される
発達障害 専門外来を受診する
発達障害の疑い 幼稚園入園 集団生活に入る

そんな不安もあった中で
幼稚園の先生に言われた
「24時間365日ずっと一緒と言う時期は短いです。
大切にしながら、今しか経験できないことなどを
一緒に経験して、いろいろな景色を見てみてください」

という言葉が支えになっていて、
心穏やかに過ごすことができていました。

次男の2歳のお誕生日も穏やかでしたし、
妊娠中は気持ちは穏やかでした。

そんな長女は実は病院に初めて受診をする前に
出血しました。

しかも幼稚園のプレ保育の帰りで
二人を連れて帰る途中で
道を歩いていた時に
生理が始まったような出血がありました。

もう妊娠検査薬で陽性は出ていて
あとはいつ受診しようか、と思っていたんです。

ここは三人目であったこともあり、
早くに行きすぎても
まだ胎芽も見えなくて、
また来てください、と言われてしまうので
少し経ってから、と思っていました。

なので、慌ててすぐそこにあったマクドナルドへ入り、
トイレで出血を確認。

主人が転職前で
近くの職場だったので連絡をして、
すぐに来てもらうことにしました。

注文をしないと席も座れませんので
注文に並んでいる間に
受診しようと思っていた産婦人科へ電話をしました。

すぐに受診の予約を取り、
うろちょろする長男、次男を怒鳴り飛ばしながら
店員さんにもお世話になりながら注文をし、
空いていた席へ。

もう、心臓がバクバク言っていて、
心が真っ白、というか
頭も真っ白、
焦っているのか、怖いのか、冷静なのか、思考回路がストップしてしまっているのか。

全く分からない状態です。

主人が来る途中で自宅前に路上駐車をしたことで
罰金を取られて、
マクドナルドへやってきたときには
ものすごく不機嫌で
「なんで俺が行かなきゃいけないの」とか言うので

「誰の子だ!!!」
「出血と言う事は流産の危険もある!」
「こんなまだうろちょろする子も連れて、わたしがひとりで病院に行くとしたら
安静なんてできないんだから余計に赤ちゃんが危険!!!!」

と怒鳴り飛ばしました。

そこでようやく、
「流産?そうなの?大変じゃん!!」
と気が付いたようです。

三人目なのに何を言っているのか・・・・・

とあきれました。

無事に子宮内に妊娠していることも
心拍も確認でき、
切迫流産と言う事で安静に、と言われました。

スポンサーリンク

出血自体は2日後には落ち着き、
ほんとうにホッとしましたが
油断をしてもいけない、と思いました。

なにせ、長男、次男を妊娠出産した時よりも
確実に歳を重ねているので
用心に用心を重ねて、
しすぎることはない、と思ったからです。

それからは穏やかな日々でした。

わたし自身は妊娠経過はとても穏やかで
そのときは入園をした長男への不安や心配が大きかったです。

体調に関しては5か月になるころには
もうおもしろいくらいに骨盤がぐらぐらしていて、
歩き方もおかしいくらいに
カクカクしていました。

それがとてもツラかったです。

病院は初診の病院は遠いので
きちんと妊娠が確認できたら
近所の病院へ行くことにしました。

次男を連れて検診へ行かないといけないことと、
長男の幼稚園のお迎えの時間があるので
幼稚園の近くで探しました。

「子供連れが可能」で
「待ち時間があまりない」
ことが条件です。

安定期に入ると
周囲への報告をどうするか、で
悩みました。

ママ友のいなかったわたしにも
付き合いのあるママさんができました。

子供が欲しいけれど
出来ないと悩んでいる方もいました。

その方への報告はとても気を遣いますし、
どう伝えたらいいのか、タイミングはどうするのか
とても悩みました。

あるママが流産を経験されていて
妊婦マークを見たら
殺意すら覚える、と言っていったので
妊婦マークも付けませんでした。

自分だったら・・・と考えたら
とてもデリケートな問題で

自分でも気が付いていないような
心のもやもやが嫌な形でその人に向いてしまうかもしれない、
と思ったら、簡単には言えませんでした。

性別もまた迷う要因でした。

わたしは女の子でうれしかったのですが
女の子をほしいと思っている人も知っていましたし、
わたしも欲しかったので気持ちはわかります。

さらには長男、次男の妊娠出産で
妊娠、出産と無事に母子ともに健康でいられることは
奇跡のように思います。

なので、やはり無事に出産してから、とも思いました。

そうやって、過ごしていると
あっという間に臨月近くなっていきました。

やはり張りも出てきていたので
切迫早産で張り止めにもお世話になりました。

帝王切開予定なので
陣痛が来てしまうと困るのです。
以前縫った傷口が開いたり、子宮が破裂する危険もあります。

臨月になったある日。
次男がジャングルジムから落ちて頭を打ち、救急搬送。
頭をぶつけた

その4日後には長男が熱性けいれんで救急搬送。
子供の熱性けいれん その時の対応

その4日後には次男が骨折。
次男の骨折

もう・・・・・呪われているのかと・・・・・・

次男の骨折のときが出産1週間前。
もう・・・・そりゃ張りますよね・・・・・・・

見切れないので実家へ帰ることにした
その足で病院へ行き、
張りチェックをしてもらったら
やはり張っていましたーー;

安静に、を言われて
ギプスをしたら痛みが落ち着いて
2日後にはギプスのまま歩き始めた次男を
実家の親兄弟に見てもらいながら
出産の日を迎えました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする