次男お遊戯会

えりぃです。

先日、次男のお遊戯会がありました。

次男はとてもまじめです。

「今はこれをやる時間なんだから、きちんとやらないとだめだよ」

と、長男に言うくらいに真面目です。

しかも恥ずかしがり屋で

お誕生日会の時には、やや棒立ちのときもありました。

控えめですし、大舞台で無事にできるのか・・・・・

そして、メンタルは豆腐です。

なので、無事に終わるかな?

と、楽しみ半分、冷や冷や半分でした。

会場へ着き、

クラスの集合場所へ行く途中で

長男の同級生の弟妹さんたちが幼稚園にいる関係で

長男の同級生の子たちとたくさん会いました。

次男にとっても安心するお兄さん、お姉さんたちで

表情がほぐれていきました。

それからは、やや次男にしてはめずらしく?

調子に乗った感じで

「早く行こうよ!」と、わたしの手を引いていきました。

着くと、列が出来ていて、

あぁ・・・・次男は入りづらそう・・・

と思っていたら

案の定、わたしから離れなくなりました。

先生に「よろしくお願いします」

と預けた後は

「ほら、お友達がいるよ、ここに座ってごらん」と言うと

お友達も「あ!次男ちゃんだ!おはよう!!」と声をかけてくれて

そこからは楽しそうにお友達と話したり、じゃれあっていました。

「一生懸命やっておいで、楽しんでおいでね」と声をかけました。

わたしも久々に会うママさんたちとご挨拶。

この幼稚園のママさんたちはいい人たちで

距離感も程よいので少し立ち話をして客席へ。

わたしは役員のお仕事もあるので

主人に長男を任せて、

長女は母と妹にお願いしてありました。

長男は退職された先生やバスの運転手さんなど

久々の幼稚園の先生たちに会えて、

もううれしくてたまらないのと、

安心したようで

リラックスしていました。

長男は小学校でいろいろなことがあっているので

小学校 長男、洗礼を浴びる

小学生 初めての公園遊びからのトラブル

スポンサーリンク

小学一年生 長男の担任の先生と面談

幼稚園と言う場が

「いつでも、卒園しても、先生たちにとって大切な宝物」

と言ってくれている場が、

一つの居場所になっているのです。

そうして始まった、次男のお遊戯会。

次男はうさぎとかめのお遊戯をしました。

幕が上がり・・・・

音楽がかかり・・・・・・

なんと!!!!

キレキレの張り切り!

一番元気に踊っている子が、まさかの次男!

「一生懸命」「楽しんで」を忠実に守っていたようです。

おうちで踊ったりすることはなかったのですが

「ぼくはね、かめなんだよ。

よーいどん!したら一生懸命走るんだよ」

と話していました。

最後まで元気にキレキレで踊りきった次男に

大きな拍手を送りながら

1年前の年少さんの時からするとずいぶん成長したんだなぁと

感慨深かったです。

次男の演目が終わると、

役員のお仕事で園児のお世話です。

会場の椅子の上にきちんと座らせて、

おトイレの子はおトイレへ連れて行って、

演目が終わり、帰ってきた子を誘導して・・・・

気が付いたら一部の演目がすべて終わっていました。

休憩時間は同窓会のように卒園した子も来ていて、

「次男ちゃんキレキレだったね~」と

知り合いのママさんに言われたりして、

楽しい雰囲気でした。

第2部は年少、年中、年長それぞれの学年ごとの演奏などです。

次男は合奏も一生懸命指揮者の先生を見て演奏をし、

合唱では集中が途切れることなく、最後まで歌い切りました。

一つ一つを取っても

どれでも成長しかなくて、

いつの間にこんなにできるようになっていたんだろう、

いつの間にこんなにしっかりしてきたんだろう、

いつの間に、こんなに幼稚園で楽しそうに過ごすようになったんだろう、と

長男が卒園してから、次男なりの葛藤がたくさんあったと思いますが

あの小さな身体で踏ん張って、乗り越えて行ったんだなと思うと

とてもとても胸にこみ上げるものがありました。

来年は最後のお遊戯会になります。

楽しみに一年を過ごしていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする