長男のおトイレ事情

先日書いた、長男のおトイレ事情なのですが→トイレ

幼稚園の先生に聞いてみたところ、
おトイレが近いなどの特に目立った行動はなく、
幼稚園生活においても困ることはない、
(大事な場面でおトイレへ行く、
保育を中断してしまうようなことがないかなどを聞きました)
とのことでした。

おそらくおうちでは甘えているのではないでしょうか、と言われました。

次にかかりつけの小児科の先生へ相談しました。
小児科では念のためにと尿検査もしていただきました。
「尿検査の結果は異常が見られないし、
あとはほんとうにただ離れたい、
構ってもらいたい、とかかなぁ」
とのことでした。

「いつも真新しい場所やお出かけ先で
いろいろ理由をつけて春樹回るんです。
そして主人とわたしでいけない、と思いながらも
怒ってしまうんです」
と話すと、
「あぁ明らかにさみしそうだよね。火を見るよりも明らか」
とあっけらかーーんとお話しされました。

「構ってほしいから、歩き回ったりするんじゃない?
とりあえずお小水は特に異常はないから
パパかママが長男くんに付き合って、一緒におトイレに行くとか
怒らないで、おトイレに行きたいのならいっておいでって言って
余裕を持って関わってみたらどうかなぁ?
大変だと思うんだけどね^^;」
とのことでした。

スポンサーリンク

わかってはいたけれど、
あまりにも長男がさみしそう、という指摘を受けてきたので
長男の心まだまだわたしの、わたしたちの気持ちも対応も
長男が満足して安心できるほど
できていなかったのだと痛感しました。

まず、おトイレに行く、ということを認めることから始めました。

これはすぐに慣れました。
長男がわたしたちを困らせようとか言うわけでもないし、
なにより尿検査で異常もなかったのでホッとしたこともあります。

そうして、朝の幼稚園へ行く直前の
おトイレ!コールには
早目のおトイレ誘導をすることで
最近では自分から時間になったら
「そろそろおトイレに行ってきます!」と
行くようになりました。

そうして気が付いたら
あれほど困っていた頻繁なおトイレも
落ち着いてきたのです

早目におトイレに行くし、
「おトイレに行きたいけど我慢します」
と少しの間は待てるようになったし、
何よりもむやみにおトイレ、おトイレと言わなくなりました。

「おトイレは我慢しなくていいんだよ、おトイレを探そうか」
というと、
帰り道だと「おうちまで我慢できるから早く帰ろう」とか
「おうちまでは待てないからおトイレ探してください」と言うようにもなりました。

きっとまだまだ一進一退なのだと思いますが
「いいんだよ」ということが
長男にとっては受け入れてもらえている
という安心感となっているのかなと思います。

スポンサーリンク