長女の口調が母親に似てきています・・・・わがふり直します

長女の発語が著しく増えてきて
女の子はこんなにすごいのか、
さすが「かしましい」というだけある・・・・

と日々思っているのですが

時々、あまりの口調に
頭を抱えたくなります・・・・

えりぃです。

長男、次男、

特に次男の時には同じ月齢の頃には
全然話さなくて
専門外来へ通ったりしたのですが

次男の言葉の遅れ
次男の言葉の遅れ 2歳半 外来受診
次男の言葉の外来 3歳初回専門外来
次男の言葉の外来 専門外来 経過観察の結果

長女はよくおしゃべりをします。

おしゃべり自体は
わたしも日中話し相手もいて楽しいですし、

コミュニケーションも摂れるので
長女に取ってもストレスが少ないようで
よく笑ってくれます。

これだけ考えるととてもいいことのように感じますが
問題はその「口調」です・・・・

わたしにそっくりなんです。

「もう!ちゃーと(ちゃんと)しぃしゃい(しなさい)っていってゆ(言ってる)でしょ!」

「らめよ(ダメよ)!」

「もー!こうらって(こうだって)いってゆ(言ってる)のに!」

「いーかげんにしーさぁい(しなさい)!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ言葉が達者とは言えないので
舌ったらずですが
言っていることはエラそう・・・・・・

そして、言う矛先は
たいてい長男と次男です。

またこの二人が
「ごめんね」
とか言うものだから
長女の女王様っぷりに拍車がかかります。

普段の自分がこんなに偉そうで
威圧的なのか・・・・・

と、穴があったら入りたいくらいです。

スポンサーリンク

子供は本当によく見ているんですよね。

言葉遣いには本当に気をつけようと思います。

そんなエラそうな口調で話す長女ですが
自分が言われることに関しては打たれ弱いです。

時に、イライラしている長男に
「なんでそんなこと言うの?おかしいでしょ!」
とか反撃されたら

「うぅ・・・・うわぁぁあああん!!!!!!!!!」

と、大号泣です。

わたしから怒られる時も
「びぇぇえええぇぇぇええ!!!!」

と、大号泣。

しかし、泣いたら
「大丈夫??泣かないで」
とまた、長男やら次男が構いに行くので
悲劇のヒロイン張りに囲われます。

今からそんなんだと
すぐに調子に乗ってしまう子になってしまう!

と、心配です。

そんな長女も最近は少し成長が見られて

「きつい口調で言うと誰も長女ちゃんのお話を聞きたくなくなるよ」
と話してからは

きつい口調で偉そうにしているときに
「長女ちゃん、もっと優しく言って」
と言うと、

「うん、わかった」
と、口調を和らげるようになりました。

泣き虫も相変わらずですが

長男と次男が
長女を守らないと、やさしくしないと、という意識で接していて
小さい子にはやさしくする、ということを学んでいるようですし、

長男と次男には
「長女ちゃんが教えてあげないといけないよ、
まだ小さいからわからないんだよ」
と話してからは

「長女ちゃん、それは違うよ」
「長女ちゃん、じゃぁこうするのはどう?」

と、三人で話し合う姿が見られるようになり、
長男と次男が一方的に我慢することも
ずいぶん減ってきました。

長女の成長が
兄弟の関わりの成長も促していってくれているんだなぁと実感しました。

口調だけは・・・・
気をつけようと思いますが^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする