幼稚園の役員

長男が年長になりました。

今年が幼稚園生活最後の年です。

ママさん関係に恐怖を抱いていたわたしですが、→ママさん地獄
長男の幼児タイムから同じ幼稚園へ入園したママさんたちが
ほんとうにいい人たちで、尊敬もできるママさんたちで、
このママさんたちと同じ幼稚園だからわたしも楽しく初めての子供の幼稚園生活を送ることができていると思っています。

しかし、このママさんたちとは小学校はバラバラになる予定です。

正直また不安で仕方がないし、
長男も仲良しのお友達と小学校はバラバラになることに不安を抱いています。

なので最近ではほんとうによくお友達と遊びたがります。
わたしも一緒にお話をしていて楽しいママさんたちなので声をかけて一緒に遊んでいます。

さみしいけれど、いつまでも一緒と言うわけにはいかないのもよくわかっています。

なので今年は思い切って幼稚園の役員に立候補しました。
思い出づくりに、と思いました。

長男の念願の役員です。

いつも同じバスの仲良しのお友達は役員会のときにはバスで降園しません。
さらに行事のたびに役員さんは何かしらで関わるのですが、
そのときにも見学には行きますが、あくまで「見学」です。
なので長男は「ママはなんで役員をしないの?したらいいのになぁ」と言っていました。

スポンサーリンク

年少さんの時には途中入園だったので役員はもちろんしていませんし、
年中では長女を出産したばかりだったので立候補はしませんでした。

しかも役員をやるって勇気がいります。
人見知りな上にママさんたちにどうも怖いイメージを持っているし、
すでに年少さんから出来ている役員さんたちの人間関係に入っていくことはなかなか腰が上がりませんでした。

ただ、長男次男の通う幼稚園では保護者の負担は極力減らそう、という考えでいてくださるので
先生に相談をしたら
「楽しんでいただけたらと思っていますので、無理はされなくても大丈夫ですよ」とのことでした。

実際に役員をしているお友達のママさんたち(幼児タイムからのお友達ママさん)は
「全然大変じゃないよ~」と話していたので、思い切って見ました。

長男は大喜び!

先生からは「長男くんにママが役員さんになったよって話したら大喜びでしたよ^^」と聞き、
長男からも「ありがとう!」と笑顔で言ってもらえたので、立候補をしてよかった、と思えました。

先日、初めての役員会へ行ったら
「年長さんは一緒におわかれ遠足に行けるからよかったね~わたしも絶対年長で役員やりたかったんだぁ」と言われて、
あぁ、ほんとうに思い出づくりに立候補してよかった、と思いました。

他にも「まだ迷ってるけど、思い出づくりにやろうかなぁ」というママさんを数人聞きました。

親も一緒に幼稚園生活の思い出が作れる役員を楽しみながらやっていけたらと思います^^

スポンサーリンク