母親の体調不良

ある朝のことです。

起きてみると左肩のあたりが痛みます。

その痛みは呼吸をすることが困難なほど。

7~8割ほどしか息を吸うことが出来ず、息を吸うことが「よっこいしょ」という感じです。

いや、実際にはうまく吸えないので苦しいのですが。

とりあえず主人のお弁当と朝食のおにぎりを作り、
卵焼きを焼いているときに、
「ふぅ・・・・」と息を漏らすと
主人から「息苦しいの?姿勢も前かがみだよ」と言われました。

「うまく息が吸えなくて、背中も痛い」と言うと
「やばいね。病院いきなよ」と。

こうやって振り返って言葉を文字にするとずいぶんあっさりとした対応です。

主人は病気やケガなどに関してはわたしに丸投げです。
自分では対応しきれないと思っています。

なのでわたしもそこに関しては自分で判断して、行動します。

まず主人を送り出し、
子どもたちの幼稚園の準備などをします。

「ママ、今日はちょっと具合が悪いから協力してね」と話すと
「ママ、休んでな」と長男。。
「休んでな」と次男。
背中にニコニコと乗ってくる長女・・・・・

あぁ、具合が悪い、と言うと気遣いができるようになったんだなぁと
頼もしくも思えました。

幼稚園へ送り出し、朝のお洗濯などを済ませ、朝一番で内科へ行こうと考えていました。

お洗濯を干しているときに、やはりいつもとは違う痛みと息苦しさを感じます。

左の背部痛で肩のあたり。
一番嫌なのは心臓です。

わたしは祖父は狭心症、心筋梗塞をしているので家系的にもないとは言えないし、
健康診断というものも、とんとご無沙汰です。

スポンサーリンク

内科を受診し、肺がつぶれていないかをレントゲンで確認。

肺はつぶれていないけれど、呼吸がしづらそうだね、と。

あとは帯状疱疹の可能性もある。
痛みが先行して、あとで湿疹が出て、そうだったんだってこともありますよ。
痛いからと湿布を貼って、それでかぶれた、と思う人もいるようです。
帯状に肋骨に沿って湿疹が出るので、わかると思いますよ。
少し注意してみてみてください。

との診断でした。

とりあえず命のかかわるような重篤なものでなくてよかったです。

自分一人の時にはそこまで自分が倒れたら、とかを考えることも
なかったのですが
今は自分一人の身体ではなく、守るものもあるので
自分の健康、そして倒れてしまったら子どもたちはどうするのか。

最悪、おうちで閉じ込めてしまったままになってしまいます。
昼間だと長女がおうちで取り残されたまま、
長男と次男は幼稚園のお迎えもなく、不安なまま。

そんな風にはできません。

保険の見直しはもちろんのこと、→家計の見直し
もっと自分自身の健康にも気を配らないといけませんね。

その後、呼吸のしづらさは落ち着き、
いまのところ湿疹も出ていません。

ただの肩こりだったのでしょうか・・・・
添い寝での授乳や長男の入眠スタイルも
なかなか筋肉痛になりそうな体勢なのでそれが原因でしょうか。→入眠スタイル

運動もしないといけないのでしょうかね・・・・

スポンサーリンク