ママが風邪をひくとき

体調がマックスに悪いです。

とうとう昨夜から今朝にかけては熱がでました。
38度近い熱です。

少し嫌な予感はしていました。

子どもに風邪をうつされたのですが
子どもに風邪をうつされる
週末の状態から一時回復して、お出かけに行けるほどになっていました。

お薬も市販の漢方を飲み、
「これなら眠くならないし、鼻炎も落ち着くはず!
まだ長女も寝る前には授乳しているけど、これなら安心♪」

と鷹をくくっていました・・・・・・・・・・・・・

昨夜は寒気がするのに身体が熱い。
頭も痛い。
耳も痛い。
まさかの耳が少しくぐもって聞こえる。
味なんてもちろんわからない。

・・・・・・・・・・・・・・・中耳炎か??!!

今日病院へ行こうと思っているのですが、
中耳炎だったらもしかしたら鼓膜切開をするかもしれない。

以前家計の見直しをするために保険相談もしたのですが
保険相談をした方がわたしが今入っている保険だと適応される疾患や手術が少ないと聞きました。→家計の見直し

朝から保険の資料を調べまくりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・鼓膜切開はNGでした。

それでは保険は下りないのならいくらくらいかかるのだろう?
お給料は入りましたが、あいかわらずピンチからは脱することができていないので
これで払えない額だったら笑えません。

調べたところによると6000円弱の模様。
場所によっては片耳2000円くらい。
それプラス治療費、投薬費で3000円くらいかかるようです。

スポンサーリンク

痛い出費ですが、何万のものではないとわかり、ホッとしました。

保険相談しておいてよかった・・・・・・・・・

ところで症状などを考え、もともとアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎持ちとしては
蓄膿症も気になります。

芸能人の松嶋尚美さんも蓄膿症で入院された、とありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・入院なんて、できない!!!!!

近くにサポートがあるわけではないし、
子どもたちは幼稚園などあるし、
主人はお仕事に行くわけだし。

わたしが倒れているわけにはいかないのです。

もっと早めにきちんと病院へ行って、
適切な治療を受けておくべきでした。

自分はいいから、とか
病院へ子どもを連れて行くことで
周りへ気を遣うことが疲れる、とか言っている場合ではありませんでした。

今朝は長男も次男も不安そうで、
「ママ、熱い・・・・・」
と手を触っていました。

普段、「長男の心が心配」だとか「次男が気を遣っているから心配」だとか
甘えん坊の長女のこととか気を揉んでいましたが
わたしが元気ではないことが一番子どもたちを不安な気持ちにさせることに気が付きました。

早く良くなって、また子どもたちが自分たちのフィールドで悩みながらも
試行錯誤して成長していけるようにサポートしていきたいです。

主人はたまたま今日はおうちにいることができる日だったので
主人にも甘えさせてもらって、ゆっくり養生、そして受診をしてこようと思います。

スポンサーリンク