幸せのありか

最近、またしてもお友達の幸せな連絡をもらっています。

ほんとうにこちらまでうれしくなる連絡ばかり*^^*

ここ最近、長男の心や幼稚園でのこと、
次男の幼稚園や作り笑いのこと、
長女をほったらかしていること、などにいっぱいいっぱいになっていました。
子どもにイライラする自分を認める

だからこそ余計にうれしかったりもしました。

なんというか、もう、久しぶりに明るいニュース!!とテンションも上がりました。

主人と共通のお友達ご夫婦に子どもができたと聞いたり、
親友に彼氏ができたり!

祝杯をあげたかったです、心底。
次の日が早かったので断念しましたが。

人様から見たらきっとわたしも幸せな人だし、
わたし自身、なんだかんだと幸せなのだと思っています。

悩める今があることがありがたいと思います。

ただ、少し隣の芝が青く見えるときもあります。

子ども一人一人にもっとじっくりと関わっていきたいのにできない。
長男も次男も心配事が多くて、でも神経質になりすぎいてるだけかもしれない自分はいやだな。
いつも怒鳴って怒り散らしてばかりで素直にかわいいも大好きも言えない。
「ママ抱っこ」と言われても抱っこをしてあげる余裕もない。
ママさん同士の輪が怖い。でも仲良くもなりたい。

スポンサーリンク

子どもと存分に関わっていて、穏やかにゆとりを持って生活しているママを見るといいなぁと思います。
子供の成長も順調で、すくすくと育っているお子さんを持つママさん、いいなぁ。
子どもに「かわいいね~」「大好きだよ~」と愛情をストレートに伝えられるママさん、いいなぁ。
大きくなった子でも、すっとお膝に乗せて抱っこしているママさん、ゆとりがあるなぁ。
ママさん同士で楽しく話しているのを見ると、輪には入れないけど楽しそうだなぁ。

しかし妬むレベルに達するほど余裕もなければ、
自分と他の人は住む世界が違う、芸能人と庶民くらいの感覚なので、
いいなぁと思うことはあっても、なんであの人ばかりが、とまではなりません。

基本的に自己中心的なネガティブなのですね。

なので、うれしいニュースを聞いたりすると勝手に自分までうれしくなります。
なんというか、幸せをおすそ分けしてもらっているような気分です。

よく”人の不幸は蜜の味”と言いますが、
わたしはネガティブなので、恐ろしい話を聞くと他人ごとに思えず、
「自分にも起こるかも・・・」と戦々恐々としてしまいます。

子どもが犠牲になるニュースなどは子どもができてからは特に締め付けられるように苦しくなります。

幸せの形はきっといろいろあるのだと思いますが、
今のわたしの幸せのありかはここにあって、
わたしがにこにこしていたり、充実した日々を送ることで、それがうれしいと感じてくれる
父や母、妹に弟。そして子どもたちや主人がいます。

それってすごくありがたいことなんだなぁとしみじみと思います。

だから大切に、大切にしていきたいです。

スポンサーリンク