長女と赤ちゃん

先日の次男の保護者会に行ってきたときのことです。
次男の保護者会

その学年によって保護者のカラーも様々ですが
年代も様々です。

長男の幼稚園の同級生のママさんたちはわたしよりも年上の方が多いです。
長女の幼児タイムの同級生のママさんたちは
おそらく同じくらいか上の方が多いように思います。

そして次男の幼稚園は初めての保護者会でしたが
おそらく年上の方が多いと思いました。

上にお子さんがいて、一番下の子なんです、という声を
よく聞いたように思います。

ただ、下に兄弟のいる子も多いようで
保護者会に来ていたお子さんは下はおそらく新生児に近い赤ちゃん(ご主人が抱っこされていました)から
1歳前のお子さんが5~6人はいたと思います。

その中で長女はおそらく一番上だったのです。

1歳を過ぎてはいますが小柄なので
「何か月ですか?」とよく聞かれました^^;

そんな長女は普段は自分が一番年下で
自分よりも大きい人を見ることばかりです。

遊んでくれるお兄さんお姉さんも
長男の同級生や次男ですし、
幼児タイムのお友達は自分と同じか月齢が上の子たちばかりなので
小さい子、赤ちゃんを見ることはおそらく初めてだったのだと思います。

抱っこされている赤ちゃんがすごく気になって、
歩いて行っては覗き込み、頭を撫でようとします。

まだ上手に頭を撫でたりは力の加減が難しいですし
勢い余ってお顔を叩いたりしたらいけないので
「赤ちゃん、びっくりしちゃうからね、よしよしはやめておこうね」
と話して抱きかかえるのですが
それでも興味津々です。

目が合うとうれしそうににこーっと笑って
わたしのほうを向き拍手をしたり、
やっぱりよしよしをしたくて近づきに行ったり。

まだ1歳ちょっとだし、自分よりも小さい子には興味はそんなにないんだろうなぁと
思っていたので少しびっくりしました。

スポンサーリンク

そうして帰ってきてからは、
お気に入りのぬいぐるみをぎゅーっと抱っこして
ずっと連れて歩いていました。

末っ子の長女だから末っ子気質で女王様、
自分が一番な子なんだろうなぁと思っていたのですが
思いのほか、小さい子に興味津々で
そのあとに行ったおもちゃ屋さんでもお人形を欲しがりました。

あぁ、長女も他の子に少しずつ興味を持ち始めて、
自分よりも小さい子に
自分がしてもらっているように頭を撫でたり、
かわいがったりしたい、という気持ちが芽生えてきているのかなぁと思いました。

わたし自身が兄弟で一番上の長女なので下の子、末っ子の気持ちと言うものが
わからないこともありますが
心も成長してきたことを感じるので
この芽も大切に育てていけたらと思っています。

スポンサーリンク