お誕生記念に写真を撮る

次男の
4歳のお誕生日が間近で、お誕生日はどうしようかなぁと考えていて、
ふと、写真のことを思い出しました。

長男のお宮参りの時から
何かと記念の時には写真を撮りに行っていました。

スタジオアリスという写真屋さんです。

子供を専門にした写真屋さんなので
ほんとうに至れり尽くせりで
お洋服も豊富で選んでいるとついつい多くなってしまうのですが
なにせ疲れます。

一番最初に行ったお宮参りのときには
お宮参りを午前中に済ませ、
写真撮影の様々な工程をすべて済ませて出てきたときには
もうやや暗くなっていて
余計に疲れが押し寄せてきたのを覚えています。

幸い、我が家の子供たちは人見知りはありませんので
写真を撮る、知らない人があやす、ということに
泣き出したりと言うことはありませんでした。
子どもの人見知り 1歳長女は人がたくさんいるところは警戒する

お洋服を選び、撮影をし。
ここまでは
「あぁ~かわいい~かわいい~」
とか、
他の人に迷惑をかけてはいけない、
撮影はスムーズに進めるようにしなきゃ、
と気が張っているのですが
他の人との兼ね合いで待つ時間が出来てしまうと
子どももいつもと違う雰囲気に
さらに動きにくい衣装を着せられているので
機嫌も悪くなり、テンションも下がっていきます。

すると親はまた一苦労。

ようやく撮影が終わった時には正直、もう帰りたい・・・・・・と思ってしまうのです。

しかし、ここからが長い長い写真選びの始まりです。

撮影した写真の中から写真にする、グッズにする写真を選びます。
グッズもキーホルダーやシール、カレンダーなどあります。

とりあえずアルバムを購入し、アルバムに入れる写真を選びます。
その写真を絞り込むだけでもずいぶんと悩むのです。

スポンサーリンク

そしてさらにその写真を一年後からデータとしてCD-ROMに落として購入できるので
何らかの形で写真を残すためには何かを購入しないといけません。

これにまた頭を使い、
できるだけ金額を抑えて、データを残したい・・・・・・
と頭を悩ませます。

そして祖父母への贈り物、わたしの父はその当時九州へ単身赴任していましたので
写真の入ったキーホルダーをプレゼントしようと
写真を選んだり、祖母である母もいつも持ち歩けるようにまた違う形のキーホルダーを作ったりしました。

そうして試行錯誤をして、頭をフル回転させて、
ようやく写真選び、グッズなどの選定も終わったところで
告げられるお会計が・・・・・・・・・・・・・
抑えたはずなのに7万円・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どどどどど・・・・・・・・・・っと疲れました・・・・・・・・・・

それからはあまり頻繁にはいけないのだと悟り、
お知らせが来てもほんとうに記念の時にだけ、と決めました。

しかし金銭的なことと、
長男3歳、次男1歳のお誕生日記念で撮影に行ったときに
忙しかったこともあると思いますが
お店の人の対応もよくなかったこともあり、
それ以来はお誕生日の撮影も行っていません。

七五三のときだけ撮影に行きました。

長女はそこで撮影デビューだったのですが
ふと、長女はアルバムすら作ってあげていないのだと思い、
長女のお誕生日には作ってあげよう・・・・・・
そう思いながらも足が遠のいてしまっています。

長女が1歳半のお祝いと次男のお誕生日を兼ねて、
お写真を考えてもいいのかもしれませんが
あの生気を吸い取られる疲れと、
結局高額になる費用を考えると腰が上がりません。

スポンサーリンク