長期旅行のときにトイレトレーニングはどうする?夏休み旅行

少し前になるのですが、夏休みに旅行に行きました。
正確には帰省です。
祖父の初盆だったからです。

期間は2週間ほどです。

荷物もさることながら、
長男の夏休みの宿題のスケジュール、
幼稚園、小学校の夏季保育、夏季授業との兼ね合い、
長女のトイレトレーニングの調整、
九州に転勤になった方と会うためのスケジュール合わせ、
などなど
やることは山盛りでした。

初めての小学校で宿題もどれだけあるのかもわからず、
どのように進めて行こうかも未知な中での夏休みの旅行計画は
手探りでした。

さらに、長男の小学校でも、次男の幼稚園でも夏季授業、夏季保育がありました。
特に欠席扱いになるものではありませんが、
小学校も幼稚園もプールがあり、二人が楽しみにしていたこともあったので
できるだけ行かせてあげたいと思ったのです。

そして旅行、特に長期の時に覚悟しないといけないのが
子どもたちの「おトイレ事情」です。

長男、次男はもう自立していますが
たとえば高速を移動するときにはこまめに休憩を入れますし、
疲れすぎて寝ると、おねしょ復活もあったりします。
なので寝る前のおトイレ誘導も欠かせません。

そして長女はこの夏を2歳で迎えました。

ちょうどトイレトレーニングに適した時期です。
トイレトレーニング
しかも、長女は自分で「した」と言うこともありましたから
わたしの中で「もしかしたら旅行前にはずれるかも」と、ちょっとした期待もありました。

でも焦ってしまうとうまくいかないことも
長男、次男の時に経験済みです。

焦らずに行こう・・・・

スポンサーリンク

と思っていたら旅行の時が来てしまい、
オムツのまま旅行へ行くことになりました。

正直な話、すごくホッとしたのです。

オムツが外れる=おトイレ自立、ではないからです。

おトイレへ連れて行き、終わるまで待ち、
拭いてあげて、パンツを履かせ、お洋服を整え、
手を洗わせて・・・・・・

これを旅行中にするのはなかなかの労力です。

オムツが楽だ・・・・と思ってしまったのです。

それが運命の分かれ道でした・・・・・・

あれから約4か月。

長女は相変わらずオムツです。

もういいかなぁとも思っていて
焦ってもいません。

最近では寒くなってきたこともあって
おトイレも近いし、
寒がって本人がパンツを嫌がります。

もうこうなったら暖かくなるまで待つか、
暖かい日に一気にやってしまうかです。

4月に入園予定ですが
入園の面接のときにも
オムツが外れていないこと、
焦っていないことを伝えてあります。

先生にも
「大丈夫、年長さんになるときにはみんな外れていますから^^」
と言っていただき、
ホッとしました。

今の長女のオムツ事情は
「出たら言う」
という事後報告です。

報告して、「オムツ替えて」と来るだけ
ずいぶんと進歩しているように感じます。

我が家の子供たちはみんな
大人の都合でオムツが外れる時期が遅くなってしまっています。
トイレトレーニング
トイレトレーニング オムツの外し方

申し訳ない気持ちでいっぱいですが
それでもみんな無事に外れて行ってくれて
改めて
「いつか外れるもの」なんだなぁと感じます。

長女も焦らずに行きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする