子どもと作る簡単スイートポテト

どんどん風も冷たくなり、
朝晩はかなり冷え込むようになってきました。

油断をしていて、窓を開けっぱなしにしたまま寝てしまい、
しっかり風邪をひきました。

ちなみに子どもたちは元気なまま・・・・

不幸中の幸いです。

そんなわけでわたしは体調がよくないので
基本的におうちでごろごろしている日々です。

長男と次男の幼稚園はまだ夏休みです。

さて・・・・どうやって過ごそう・・・・

と考えていると、
長男が「スイートポテトが食べたい♪作ろう^^」と
声をかけてきました。

正直、そこまでやる気力がなかったので
「幼稚園が始まったらね」
と伝えておきました。

我が家のスイートポテトは
長男が卵アレルギーなので
アレルギー
卵は使いません。

さらに、わたしの手抜きも手伝って
かなりのずぼらスイートポテトです^^;

しかし、子どもたちは楽しいようで
きゃっきゃ言って大騒ぎをしながら作ります。

あと少しの夏休みを
わたしのだらだらに付きあわせるのも気が引ける・・・・
ので、そろそろ重い腰を上げて
やろうか・・・と思っています。

材料は簡単にさつまいもとお砂糖、バターです。
さつまいもは最低でも中くらいのもの一本、
幼稚園が始まるとお弁当のデザートやおやつに使えるので
多めの二~三本使用します。

我が家はバターは高いので安いマーガリンと併用しています。
身体のことを考えるとバターが大事だとは思いますが^^;

スポンサーリンク

まず、さつまいもを皮をむき、一口大に切ります。
小さくすることで火が通りやすくなり、
さらには電気代節約にもなるのです。

圧力鍋ですると10分ほどで十分火が通り、
マッシュ(つぶす)しやすくなります。

ザルに揚げ、水けをきり、
ボールへ入れます。

そこで子どもたちの出番です。

それぞれエプロンをして準備。

長男と次男には木製のレンゲを渡し。
長女は少し小さいプラスチックのフォーク。

大きなボールにさつまいもを投入し、
ぐにぐにとつぶしてもらいます。

途中でバターを入れ、
お砂糖も入れます。

滑らかになってきたら、
少し味見タイム。

これが長いし、だいぶ量も減るのですが^^;

子どもたちが楽しそうにおしゃべりをしながら
お味見をしているので
量も多めに作っているし、
まぁいいかぁと思っています^^

そうしたらあとはもうサランラップでくるんで
キャンディー型にしたり、
そのままがっつり食べたり、
様々です♪

卵を照り用に塗ることもなければ、
マッシュしたさつまいもに入れることもありません。

それでも立派なスイートポテトもどきが出来て
いいおやつとして大活躍です。

子どもたちも
「自分たちで作ったスイートポテトはおいしいね!」
とご機嫌でいてくれます。

その光景を想像していたら
よし、明日は作ろう!
そう思えました。

スポンサーリンク