「かわいい~」とスキンシップ

えりぃです。

最近というか、寒いので秋口くらいから

引きこもりがちです。

出来るだけ、おうちでぬくぬくと・・・・・

感染症にかかったらやっかいだし・・・・

胃腸炎やらヘルパンギーナやらかかったし・・・・

一人かかったら全員回るし・・・・

それはやだし・・・・

などなど、理由をつけて

引きこもっています。

あまり外へ出かけないので

疲れないこともあり、

時間にもゆとりがあるので

わたし自身、イライラは少なくなっているように感じます。

主人は、「更年期か」とか言いましたが(怒)

自分の身体と時間にゆとりが出来ると

子供にも優しくすることができるんですよね。

元々褒めることが苦手で、

子供と遊ぶことも苦手、

スキンシップも苦手

子どもと遊ぶのが下手

子どもたちと何をするのか・・・・

と言いますと・・・・・・・・・

ただ、ただ

「かわいい~」と口に出し、

痛いほどに頬ずりをします。

なんだ、そんなこと・・・・

と、思われる方も多いかもしれませんが

わたしにとっては大きな進歩です。

なにせ、ほんとうに苦手だったんです。

子供と一緒にいることが苦痛なわけではありません。

ただ、子供を笑顔にするにはどうしたらいいのかな・・・

と、考えていました。

で、とにかく始めはぎこちなくても

「かわいい」と伝えてみることにしました。

スポンサーリンク

始め、子どもたちはびっくりして、

「ほんとう?」と聞いてきました。

きっと、わたしの顔もぎこちなかったことと思います。

でも「うん、もちろん」と伝えました。

嘘ではないです。

ほんとうのことなので、堂々と言えばいい、

そう思いました。

そうしたら、

わたしが今度はびっくりするくらいに

「うれしい!」

「ママもかわいいよ!」

「ありがとう!!」

と笑顔の嵐。

こんなに喜んでくれるなんて驚きましたし、

笑顔になってくれて、わたしまでうれしくなってきました。

今度は頬ずりを痛いくらいにして、

「かわいい~かわいい~」をするようにしてみました。

もうみんな、きゃっきゃ言って

大笑いだし、

「ママ、僕のこと好き?」と長男

「ママ、痛いよ~」と次男

「ママ、あーと(ありがとう)」と長女。

みんなが、もううれしくてたまらないの笑顔で

4人で団子状態になって

大騒ぎ。

長男は小学1年生。

次男は年中。

長女は2歳です。

いつまでこの方法で喜んでくれるかわかりませんが、

嫌がられない、今だからこそ出来る方法で

「あなたは愛されている」

ということを伝えていきたいと思います。

きっと、これからいろいろな困難があったり、

思い悩むことも

たくさん出てくるでしょうが

いつでも見守られている、と言う安心感は

家庭に居場所がある、という安心感は

外へと向かって行ける力にもなるのではないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする