お金がない!

というドラマがその昔にありましたが、
もうまさに今我が家の家計は
「お金がない!」状態です。

おかしいな・・・・
ボーナスが出たはずなのに・・・・・

減ったからかな?
・・・・・・ん???

カード払いが膨れているからか・・・・

・・・・・・ん??なんで???

・・・・・・・・・

忘年会シーズンと・・・・・

クリスマスか!!!!

そう、我が家は飲みが大好きな主人
一年の労をねぎらう会、
忘年会へいろいろ出席をしていて
赤字。

さらにはクリスマスのプレゼントやら
かさんでいって
赤字。

です。

真剣に今後の家計を考えて行かないと
来年は長女も入園をし、
教育費も増えるばかりです。

わたしがパートに出るにしても
時間は短時間になるし、
長期休みは働けないし、

何より社会に出るのが7年以上ぶりなので
適応するのに
いっぱいいっぱいになりそうで

家庭や子供、と言った
一番大切にしたいところが
ないがしろにしてしまいそうで、

しないなら、
自分がパンクをしてしまいそうで

不安です。

と、不安、不安、
心配、心配ばかり言っていても
始まりませんので
何とか対応を考えて行かなくてはいけません。

お金がないことで
子どもたちの選択肢の幅が狭まること、
将来選びたい選択肢を奪うことだけは
絶対に避けなくてはなりません。

と、こんな親が頭を抱えているときにも
子どもたちの頭は
クリスマス一色です。

我が家では1か月以上前から
この絵本が大ヒットです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スポンサーリンク

あのね、サンタの国ではね・・・ /嘉納純子・黒井健
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/12/20時点)

こちらはサンタクロースの1年の物語が
絵本になっていて、
なんと、サンタさんたちは
「いい子リスト」を作っていたことが判明!

子どもたちにとっては衝撃だったようで

「どうしよう・・・・プレゼントもらえないかも・・・・」
「いや!いい子いい子になるからもらえる!!」

と、かなり動揺していました。

特に長男と次男(笑)

そんなにやましいことがあるのか^^;
と思って聞いたら

「いつも怒られているから」
と声をそろえて言いました。

わたしの八つ当たりも
相当数入っているので
本当に申し訳ない限りです・・・・

「でも最近は褒められることがたくさんだから
きっとサンタさんも来てくれるよ!」

と、二人が言ってくれたので
少し救われました。

その間、長女は
「ちょーちゃ(長女ちゃん)ね、ぽぽちゃんほしいの」
とマイペースに話し続けています^^;

12月に入ってからは
わたしが怒りそうなときだけでなく、
自分から
「これやってないからサンタさんが来てくれなくなっちゃう!」
と、一生懸命いろんなことをがんばっています。

苦手なものも食べたり、
お勉強を頑張ったり、
ケンカをしそうになっても話し合ったり、
譲り合ったり。

きっとサンタさんは観ててくれることでしょう。

そうして平和に過ぎて行ったある日。

「昔はサンタさんが来てくれていたけど、
いい子いい子リストに入らなくて、
プレゼントもらえなくなった」
という話を
美容師さんから聞いて
長男と次男は青ざめていて、

「どうしよう・・・・もらえていたのにもらえなくなることもあるんだ・・・」
「ケンカしたらもらえなくなるよね」
「お片付けしないから、サンタさん嫌になっちゃうかな・・・」

と二人で、泣きそうになりながら
お風呂で話していました。

いつか、こんな話に
左右されることもなくなるでしょう。

ふん、サンタなんていない、
とか
プレゼントよりもお金くれ、
とか
言い出すかもしれません。

それでも根底にある
この素直な心が
どうかねじ曲がることなく、
大切に育ちますように。

そう願わずにはいられません。

わたしたち親ができることは
子どもたちの大切な可能性の芽を
つぶすことなく、
大切に育てていくことかな、
と思います。

お金がないから、と
子どもたちの楽しみにしているプレゼントがなくなって、

「いい子リストから外れたからだ」
と落ち込む顔なんて
見たくありません。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする