年賀状の準備 写真入り年賀状

少し気は早いのですが
毎年ギリギリにパソコンにかじりつく羽目になる
年賀状・・・・

独身の時には仲良しのお友達に数枚書くだけで
あとはメールでした。

日付が変わるときに送る、ということを
一生懸命していました。

お友達と年越しをするときには
親に日付が変わるときにメール。

そうやって簡単に済ませてきました。

職場の上司や先輩には
個人情報の関係で職場に住所などが載ったものはなかったので
直接聞くと
「返事を書くのが大変だからいらない。
あなたに限らずみんなそうしてるから」と言われたので
住所を教えてくれた先輩にだけ書いていました。

そんな年越し、年明けをしていたのですが
結婚をすると事情もずいぶん変わってきます。

主人のお友達関係、恩師など年賀状のやり取りをしていた人への年賀状や
わたし自身もなかなか会えなくなってしまうお友達に
せめて年始のご挨拶だけはしたい、と思ったので
年賀状を書くことにしました。

写真入りの年賀状を作って近況報告のように年賀状を作ったのですが
子どもが産まれるとどうしても子どもの写真が多くなってしまいます。

しかし、子どもを通じての知り合いでなかったり
子どもと会ったこともない人に
子供の写真はうれしいものなのだろうか・・・・
とふと思う年がありました。

なかなか会えないので送る人には
特に近況報告の意味も兼ねています。

スポンサーリンク

もちろんわたしと主人の写真を入れるようにしていますが
普通の、絵と文字の年賀状がいい、と思う人もいるのではないか。

邪推ですが、子どもが欲しいけれどできない、など
いろいろな人に話を聞いたことを考えると
人によっては子どもの写真を見ることが苦痛なのではないか。

そう思うようになったのです。

もちろん主人に相談をして
写真入りは親戚関係だけにしようか、と提案しました。

すると主人は
「いいよ、写真入りのままで。
女の人はどうかわからないけど俺の友達は写真入りのままで大丈夫な付き合いの奴らだし
俺の写真も入ってるから近況報告もかねて入れたやつで」
と言われました。

たしかにわたしも近況報告も兼ねているし、
話しを聞いたから次の年からいきなり写真なしにすると
かえって気を遣ったのか・・・・とか思わせてしまうかもしれません。

独身の時からのお友達は
子どもたちもよく遊んでもらうお友達ですごく懐いていてかわいがってもくれているので
写真入りで出そう、と思いました。

そして結局例年通り写真入りの年賀状を作ったのです。

今年も写真入りの年賀状を作ろうと思っています。

しかし毎年悩むのが自分の写真がないこと・・・・・
いつも自分が撮る側なので写真がないんですよね^^;
歳をとっていって決して誇れる外見でもないのですが
これからいろいろな行事もあるので
意識して自分の写真も撮っていくようにしようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする