長男保護者会

次男の保護者会に続き、→次男保護者会
長男の保護者会と保育参観がありました。

年長さんなので周りも知っているママさんが多いので
安心感もありますが
やはり保護者会などは緊張します。

どうもあのような空気というか緊張感のある
よそよそしい?空気が苦手なのです。

さらに長男、次男の通う幼稚園の保護者会は
一言、というスピーチのようなものまであるので
終わるまではどこか焦りもあって
話しが話半分にしか入ってきません。

さらに次男の保護者会の時に1時間押したので
長男の時は長時間になるかもしれないと予測して
長女の遊び道具におやつなどを大量に持ち込み。

ひとり遠足状態でした・・・・・

園長先生や担任の先生には目からうろこで
「5歳なのに幼稚園では年長クラスなので
いろいろと任されるし、それに答えようとする。
なのでおうちでは赤ちゃん返りのように甘えん坊になったり
わがままのようなことを言ったり、ぐずったりすることがあります。
でもそれは幼稚園でがんばっているから
おうちでは甘えたい、甘えられるから安心しているのです。
だから受け止めてあげてください」
とのことでした。

スポンサーリンク

最近の長男のなんとなくのぐずりなど、
うまく説明のできない状態が
こういうことなのかな?と思うと
少しホッとして、気持ちが楽になりました。

そしてママさんたちのスピーチを聞いていると
長男だけじゃなかったんだ、と思うことがたくさんあって
胸のつかえが少し軽くなりました。

わたしはと言うとスピーチはなんと1番目。
しかも子どもの可愛いところ?を、と言われて
頭は真っ白。

正直、かわいいと思う余裕もなくなっていて
心配なことはたくさん思いつくのに
かわいいところ、笑顔が思いつかないことにショックでした。

固まっていたら、いつもよくしてくださるママさんが
「名前とかわいいところだよ」と教えてくれて、
ハッとしたのですが
「調子のすぐ乗るし、怒られてすぐにへこむのですが
そのあときちんと真面目に考えて自分で答えを出すところが
えらいと思います」
ととんちんかんなことを答えてしまい、

他のママさんたちが
「全部可愛いんですけど♪」と軽快に話しているのを聞きながら
もう・・・・・・
長男に申し訳なくて、
自分が情けないやらショックで
落ち込みました・・・・・・・

そのあとの保育参観で
調子に乗った笑顔でいる長男を見て、
「あぁ、でもかわいいと思える長男だ」
と少しホッとしました。

そんな気持ちが浮いたり、沈んだりの忙しい保護者会でした。

スポンサーリンク