キッザニア東京 我が家の攻略法

先日、念願だったキッザニアへ行ってきました♪

当日は主人は来られなかったのですが
大好きなばぁばぁとしーちゃん(妹)と行くことができて
長男も次男も大はしゃぎ!

夏休みなのでやはり人は多くて
駐車場に入るのですら大渋滞・・・・・

東京だと当たり前の光景なのでしょうが
人が多いなぁ・・・・・・と少し尻込みしてしまいました^^;

第2部の予約で入ったのですが
第2部は16時から21時までです。

我が家の子供たちは普段19~20時には寝てしまうので
大丈夫かなぁ?と思ったのですが
楽しさのハイテンションで
しっかりお仕事を最後までしていました。

帰りは車で爆睡でしたが^^;

入場のために15時半前くらいに行くと
ものすごい行列が・・・!

入口まで行くと、
15時までに来た人には整理券を配っていて、
それ以降に来た人には順番に並んでもらう、とのことでした。

結局、また最後尾まで並びに行くとショッピングモールの一番端っこの
映画館のところまで行くことに。

その時点でなんだか疲れが–;

しかし、16時前になるとすいすい進むようになり、
16時を少し回ったところで入場できました。

すでにはんこ屋さんなどは受付を終了していました@@;

長男と次男は赤ちゃんのお世話をしたい♪
と意気込んでいたのですが
迷わず、入口のパイロットの受付をしていました^^;

そして、赤ちゃんのお世話!と
二階に上がり、病院へ。

キッザニアではひとつ予約をしているとそれが終わらないと予約が取れないのですが
赤ちゃんのお世話のできる看護師はすぐにはできないようで
救急救命士をすることに。

おトイレに行って、30分近く待ちました。
その間子供たちは病院で待機なので
親はブレイクタイム。

この後は怒涛のお仕事ラッシュになるんだろうなぁと思い、
しっかり水分補給をしました。

前回長男が3歳になったばかりの時に来たのですが
そのときとはアクティビティも変わっていたりして
建設現場はなくなり、
電車関係のお仕事が増えていました。

お食事も終わりがけだとなくなるし、
お外でも閉まっているところが多かったので
早めに購入。

キッゾというキッザニアのお金で買えたようで
次回はキッゾで買ってみようと思います。

救急救命士は前回もしましたが
蘇生の手法からきちんと指導をしていただいて、
救急車で出動もします。

次男も小さいなりに一生懸命説明を聞いて
心臓マッサージをしていたし、
長男はこっちだよ、などリードしていて
あぁ、前回よりも成長しているんだなぁと感じました。

パイロットは親は画面で見るだけで
子供たちは機内へ行き、
お仕事をしてきます。

制服に着替える姿も
次男が少し手間取っていると
長男がお手伝いをしていて
二人一緒だと次男も安心して楽しそうに
お仕事をしていて
見ている方も楽しめました^^

終わると念願の看護師さんの予約を!

そして空いている時間で
ALSOKのお仕事をしてきました。

スポンサーリンク

ALSOKは親が見ることができるところが
大人一人分の窓からだったので
なかなかビデオ撮影は難しく・・・・

妹に撮影を頼んで
わたしはひたすら見ていました。

この時間になると、
おなかすいた、とか言い出すのかなと思いきや
集中力も途切れることなく
きちんと説明を聞いてお仕事をしていて
びっくりしました。

ほんとうはサッカーをしたいと言っていたのですが
場所がわからないままだったのですが
このときに長女のおむつを替えに行ったところの
すぐそばに2階へ上がる階段があり、
そこを上がるとサッカースタジアムが・・・!!!

2階でもここだけは独立していたのです。

わ・・・・・・わからなかった・・・・・・・・・・

もう受付は終わっていたので
サッカーは次回へ持ち越しです。

どたばたと次は病院へ戻り
赤ちゃんのお世話です。

ふたりはもう病院へ入ると
楽しみが抑えきれないようで
ニコニコ、浮かれモードで新生児室を見ています。

新生児室では長男が意外と手際が良くて
さっさとお洋服の着脱もするし、
次男のお手伝いもしていて、
抱っこも形になっていました。

次男は自分の身体の半分以上?の大きさの赤ちゃんに
一生懸命声をかけたり、
途中で頭を撫でて、お顔をのぞき込んだりしながら
楽しそうにお世話をしていました。

ほんとうに好きなんだなぁと思うと
「男の子だから」とか
「まだ小さいから」とか
関係ないんだよなぁと思います。

長男と次男、そして長女が
自分たちが好きだ、と思えることを
見つけていけるといいなぁと
改めて思いました。

銀行で口座を作ってお金を預けて
次男は念願のお財布をゲット!

最後は長男が電車の運転士、
次男が整備士さんに。

長男は七夕のお願い事にも書いた電車の運転手さん。
運転士さんはモニター越しですが
「出発進行!」など
楽しそうに、でも真剣に声を出していて
電車好きにはたまらないお仕事だなぁって
見入ってしまいました。
大きなモニターはコロコロ切り替わるので目もちかちかしたので
長男が映し出されている小さなモニターを眺めていました。

次男はまだ字も書けませんし、
難しかったと思いますが
一緒にお仕事をしたお兄さんがフォローをずっとしてくれていて
楽しくお仕事を終えることができました。
本当に感謝です。
こうやって人に支えられてお仕事もしていた、と思い出しました。

終わると、写真タイム。
全部結局欲しくなって買ってしまうのですが
なかなかの金額に・・・・・・・

あぁあ・・・・・痛い出費です・・・・・

ここで我に返るのです。

そして真っ暗になってシャッターも閉まってきているショッピングモールを
駐車場へ向けて急ぎます。
駐車券のサービス券をもらい忘れて
また一度戻ったりしたのですが
無事に帰路へ。

すでに帰り際にはしゃぎすぎて寝ていた長女に
車で寝てしまった長男、次男を抱えて帰り、
わたしもその日は爆睡しました。

また近々、今度は主人もつれて一緒に行こうと思います^^

スポンサーリンク