「なんでも一緒」の1歳児

一歳の長女の最近の成長は目を見張るものがあります。

朝は長男や次男が幼稚園へ行く準備を始めると
自分も!と幼稚園のお鞄を首から下げ、
水筒も一緒に下げ、ふらふらとしています。

さらには自分のお靴を持ってきて、
履かせて、とせがみます。

行くときにも自分も一緒に歩きます。
バスにも乗ろうとして
「長女ちゃんはまだね、大きくなってからね」というと泣いて、長男と次男のほうへ手を伸ばします。

自分も長男や次男と同じようにできる、と思っているようです。

他にはお名前を呼ぶとお返事をします。
「長女ちゃ~ん」
「あい」と手をあげてお返事をします。

これだけなら、かわいらしい成長なのですが
おもちゃで遊んでいるときに自分が使いたいおもちゃがあると後ろからでも横からでも取りに行きます。

「長女ちゃんがとったー!!」と長男か次男がわたしに言いつけに来ます。

スポンサーリンク

「まだ小さいからね」と言いながらも
「長女ちゃん、人のものを取らない!」と注意すると、
怒られていることがわかるようになってきたので、泣きます。

他にも気に入らないことがあると顔をべちん!と叩いたり、
お洋服をひっぱったりします。

・・・・・・・・・・・・・・・・女の子だよなぁ・・・・・・・・・・・・・・?????????????

長男と次男はやり返すことはないので
ひたすら長女が暴れているような図になっています・・・・・・・・・

次男も長男といるときには比較的わがままというか、甘えていろいろ駄々をこねます。
しかし長女に対しては一切ありません。

「長女ちゃん、それ貸して?」
「むーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」
・・・・しょんぼり。

という光景がよく見られます。

このままでは長女の先行きが心配です・・・・

スポンサーリンク