家計簿

家計を管理するためには家計簿が必須となってきます。

わたしは携帯で家計簿をつけています。

レシートがない出費なども多々あるので、できるだけ後回しにはせずに、
その日の行動を思い出しながら、できればリアルタイムで入力していきます。

そうすると付け忘れもなく家計簿をつけていくことができます。

しかし、携帯もたいぶ古くなってきて(いまだにガラケーなのです)
買い換えたいところなのですが家計簿のデータが引き継げるのかがわからないので、
換えるのも心配です。

なのでパソコンでやってみようかなぁと思っています。



スポンサーリンク

家計簿はもう数年つけているのですが、
一日はもちろん、月、そして大まかな一年のお金の動きもわかるので
お金を貯めておきたい時期、出費が増える時期もわかり、
出費が増えたことでのイライラも減って、その時期も穏やかに、どーんと構えて過ごせるようになりました。

見通しをつけていくことは、お金の動きはもちろん、普段の動きにも影響します。

経済的なゆとりは心のゆとりにもつながるということです。

わたしは大金持ちになりたいわけではありませんが、
子供たちの望む食べ物や着るもの、教育を受けられるようにして、
主人の身だしなみ、付き合い、遊ぶための資金を渡せるようにして、
自分の身だしなみを整えて、少し甘いものを食べられるだけのお金を欲しいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・

贅沢ですが^^;

そのためには日々の努力ですね。

楽に何かを得られるということはないですね。

スポンサーリンク