妊娠ラッシュ。子供の成長とマタニティライフなどを思い出す

えりぃです。

最近、周りが妊娠ラッシュです。

かつてないほど?

いや、それほどママさんの知り合いもおらず、

仲のいいお友達のしたなどもなかったので

周りにいなかった、知らなかっただけなのですが^^;

次男の学年のママさんたちは

妊娠ラッシュ、出産ラッシュです。

幼稚園の年中さんの学年なので

そうなのかもしれませんが

考えたら長男の時には

長男の学年の子が一番下、と言うママさんが多かったので

ラッシュは感じませんでした。

長女が一番小さいくらいだったのですが

もうその長女も3歳。

早いものです。

先日病院で久々に新生児の泣き声を聞きました。

かわいいですねぇ~

懐かしいです。

子供たちは

「赤ちゃん?泣いてる??」

「怖いのかな?かわいそう!」

「赤ちゃんってこんな声なんだね~」と

三者三様の反応でしたが

「みんなこんな感じだったんだよ。

赤ちゃんはお話しできないから

おなかすいた、とか、

おしっこ、うんちも泣いてママに教えるんだよ」と言うと

「長女ちゃんもまだ小さいから上手に話せないもんね」

「次男ちゃんもお話しなかったんだよ」

「赤ちゃんは泣くの?ママーって?」

「そうそう、長女ちゃんみたいに「ママ」って言えないからね」

「赤ちゃんが泣くのには意味があるんだね」

「うん、泣いていてもママがわかってくれるからすぐに泣き止んだね」

「ほんとだ!すごい!!」

と、子どもたちも赤ちゃんに興味津々。

少し前までは乳児がいることが当たり前だった我が家が

いつの間にか幼児がいる家庭になってきました。

これから小学生、中学生と成長をしていくと

今の状態を懐かしむ日が来るのでしょうか。

こうやって考えると子供の成長は早いです。

3年前に産まれた子が

もう幼稚園に入園するのです。

社会人になって3年目のとき、

わたしはこんな急激な成長はしませんでしたし、

ほんとうに子どもの小さい時に成長を見守ることが出来ることのありがたさを

改めて感じています。

これは何にも代えがたい、

貴重な経験と時間です。

これからも大切にしていきたいですね。

妊婦さんの顔が穏やかに見えるのは

スポンサーリンク

そんな子どもと一心同体のような時間を過ごしているからでしょうか。

妊娠はラッシュと言う言葉が聞かれるように

伝播すると聞きますね。

こんなふわふわな感じがしていくのは

幸せが広がっていくようで

なんだかいいなぁと思います。

もちろん、中には焦る方や

あまりよくない気持ちにもなる方がいることもわかります。

嫉妬の気持ちは誰にでもあることですし、

自分の努力だけで手に入れられるものではないですもんね。

それだけに自分の妊娠の時には

すごく気を遣いました。

まだおなかが目立たないときに

自分の妊娠を知ったら、

嫌な気持ちになる人がいるのだろうか、と思ったからです。

実は、長女を妊娠前に

「マタニティマークをつけている人を見ると

頭にくる」と言う話を聞きました。

そのママさん自身がどんな気持ちでそう思ったのか、

わたしにはすべてを計り知れませんが

世間でも「いい気がしない」と言う人たちがいることも報道されていたので

わたしは長女の妊娠中、

マタニティマークをつけることはしませんでした。

他にも性別など、

色々なことが渦巻きますよね。

わたしは、もうただただ無事に産まれてきてくれるか、

不安で心配で怖かったので

長男妊娠中

次男妊娠中

⇒長女妊娠中

臨月、いつ生まれてきても大丈夫な時期になったら少しホッとし、

3人とも帝王切開なのですが

手術をする、となったら、

緊張はするのですが

やっと会えるというどきどきわくわくと

もうあとは医療従事者の方にお願いします、で

無事に産まれてきてほしいとで

変なテンションだったことを覚えています。

長男妊娠からの出産

次男妊娠からの出産

⇒長女妊娠からの出産

にしても、

あの、ふわふわオーラはなんだかいいですね*^^*

来年度はたくさんの赤ちゃんを見ることになりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする