プール熱 子どもの幼稚園は出席停止

長男がアデノウィルス陽性ということで幼稚園を出席停止になりました。
いわゆるプール熱というものです。
プールに入るような時期ではありませんが
夏にプールを介して流行することがあるので
そう呼ばれているそうです。

便やくしゃみや咳などからの飛沫感染、接触による感染もしますし、
何より感染力が強いので
学校伝染病に指定されていて出席停止となるのです。

本人がツラいことももちろんですが
たしかにお友達にうつしてしまったら大変です。

症状としてはのどの痛みもあるようですし、腫れているとのこと。
目ヤニや充血はありませんがあとは高熱です。
しかし、長男は39度近い熱があるのにいつもと変わらず元気・・・

で次男と暴れております–;

そうなると怒りも怒鳴る回数も増えるわけです。

今も長女が寝ているのに周りを走り回る・・・・

イライラした時には少し距離を置いたほうがいい、
そう考え、ひとりになるべく、一部屋をプラレール部屋に開放し、
わたしはパソコンに向かうことにしました。

少し落ち着いてくると、
幼稚園が出席停止でしばらくおやすみということは
時間にカリカリしなくて済むというメリットがあるなぁと気づきました。

我が家は寝るのが20時前、起きてくるのは6時ごろで
わたしは寝かしつけながらついつい寝てしまい、
朝も一緒に起きる・・・ということがザラです。

スポンサーリンク

朝起きてから主人のお弁当!
お見送り!
さぁ幼稚園の準備だ!
お弁当だ!

送り出したらお洗濯、お掃除、さぁ外出の用事!と慌ただしいのですが、それもない。

午前に長女をお昼寝させ、
お昼を食べて、
長女はまたお昼寝。
自分もゆっくり、うとうと・・・・・
しだしたらお迎えの時間で
寝ている長女を抱っこして
睡魔と起こされて不機嫌な長女と闘いながらお迎えに行く・・・・
なんてこともない。

ゆったりとする時間を自由に作ることができる♪
しかも症状も重くはないから
夜間救急に連れて行かないといけないかも、とか
ピリピリすることもない。
(もちろん油断はできませんが)

時間の制約がないのは自由だなぁと自由のありがたみを感じました^^

しかし、もう15時。

妖怪ウォッチのビスケットを持って、
おやつを食べたいと長男と次男がやってきました・・・

自由時間はいったん終了です・・・

登園は症状が落ち着いてから2日間は感染のリスクもまだあるので禁止。
登園許可証を発行してもらってからの登園となります。

その間は次男、長女に感染しないよう、
そしてもちろん主人やわたし自身にも感染しないように
おトイレのあとの手洗いを徹底させたり、
湯船は一緒に入らない、
タオルも別、
お菓子など食べ物も共有しないように気を付けて行こうと思います。

厳密には難しいのですが–;

スポンサーリンク