離れると泣く1歳長女

先日、地域のママさんたちの集まりがあって
託児付きなので長女を預けました。

もう1年近く行っているので
託児のお部屋も長女は慣れたもので
ベビーカーを降りたら
自分のお気に入りのお帽子をかぶって、
大好きな鈴とマグマグを入れた
お気に入りのバッグを持って、お部屋へ行きます。

その日の託児は同級生の女の子と二人だけとのことでした。

一番乗りで長女だけでした。
わたしは受け付けをして、荷物をお渡しして、
今日の状態などを託児室の方にお伝えして、
その間長女は託児の方におもちゃを出して、とおねだりをし
お気に入りのおもちゃを出してもらって遊んでいました。

そして、いつものようにお部屋を出ようとしました。

いつも「ばいばーい」と言うと
さらっと見て、遊びのほうへ夢中になるのですが
今回はお靴を履いていたら
慌てて追いかけてきて、
お顔をくしゃくしゃにして、台形の口になり、泣いていました。

託児の方が抱っこをしてくださっていましたが泣いていたので
いつもはそのまま階段で上がって行くのですが
姿を見せないほうがいいかと思い、エレベーターで上の階へ向かいました。

どうしたのかなぁ。
体調が悪いのか、
それとも離れるのことがさみしいと感じるような時期に来たのか、
それとも子どもひとりだけにされたことが悲しかったのか・・・・

長女にとって、おうち以外で子どもがひとり、という状況はあまりありません。
つい数か月前まではいつでも次男が一緒だったので
次男が幼稚園に入園してからは
お出かけをして、子どもが自分一人、という状態でひとりにされると
必ずと言っていいほど、次男を探しているようです。

スポンサーリンク

集まりが終わって、お迎えに行くと
満面の笑みで手を伸ばして走ってきました。

あぁ、楽しく過ごせていたのならよかった・・・・

そう思ったら、
そうではなく、あのあとも泣いていたそうです。

さらにやっときた同級生の女の子も眠かったようで、すぐにお昼寝をしてしまい、
ずっとベビーゲートから外へ行くと泣いて、
大好きなパンも食べず、
お気に入りのマグマグに入ったお茶も拒否。

大泣きだったようです。

それが、お友達がお昼寝から起きたら、
いきなりご機嫌になり、
一緒におやつを食べ、一緒に遊んでいたそうです。

やはり長女はさみしいのだなぁと思いました。

次男が入園してからはバスをお見送りしたら
急に元気がなくなって静かになるし
あまり動くこともあまりなく、静かに過ごします。
(これは長男、次男と比べて・・・・ですが^^;)

その分、長男、次男が帰ってきたらご機嫌で
一緒に遊びに参加します。
声を上げて喜んだり遊んだりしています。

いつも誰かがいる、
いつも自分に近い、身近な子どもがいる、という環境で過ごしてきた長女は
自分が一人にされることがすごく不安なんだろうなと思いました。
自分が一人、というよりも親や子どものような身近な味方がいない状況が
怖いのかもしれません。

人見知りとも違う、
もしかしたら下の子特有のなにか、なのかなぁと思います。

次男もいつも身近にいた長男が幼稚園に入園した時に
似たような状態になりました。

そのときにいつでも近くに味方がいる、という安心感があったのだなぁと気が付きました。

そう感じることもまた成長ですね。

3人目ですが、また新たな成長を感じることが出来ていて
ありがたいと思います。

スポンサーリンク