これからの自分の生き方を考える

師走に入り、今年もあと一か月となりましたね。

今日、子どもたちと歩いているときに
「今日から師走なんだよ」
と言うと、

「いつからするの?”します”って」
と、
「師走」と「します」を聞き間違えたようでした。

「師走というのは12月の昔の言い方だよ。
お師匠様、先生もバタバタと走らないといけないくらい忙しくなる時期
と言うことなんだよ」
と言うと、
「へぇ~、そうかぁ!クリスマスもあるし、サンタさんも忙しいもんね!」
とニコニコ顔。

それから長男と次男は
どんなプレゼントがいいかを一生懸命考えていました^^;

これから一か月は
様々なイベントもあるし、
年末の大掃除や年始に向けた準備で忙しくなりますね。

年が明けたら、お遊戯会があって、
終わったら卒園、
そして長男は小学校へ入学。
次男は年中さんへ進級。
長女は幼稚園のプレ保育が始まります。

あぁ・・時が経つのは早くて
あっという間だなぁ。

すぐに次男も年長さんになって、
長女も幼稚園へ入園するんだろうなぁ・・・・

そんなことをふと考えていたら、
そのときに自分はどうしているんだろうと
考えました。

ずっと子どもたちは手がかかるわけではありません。
いつかは自分で自分の人生を歩んでいくのです。

決してわたしとずっと一緒なわけではなくて
わたしは見守る立場、
そして子どもたちにとっての生き方を見せていくモデルともなるわけです。

スポンサーリンク

出来ることならば
「あぁ、お母さんのように人生を歩んでいきたい」
と思ってもらえるような、
胸を張って子どもたちを向き合っていけるような
そんな存在でありたいと思います。

今まで忘れがちだった
「わたし自身」の生き方を考えていく時期にもなってきたのかなぁと
思いました。

学生の頃は
「こんな風な大人になっていたい」とか
「大きくなったらこんな職業に就きたい」とか
漠然と考えていました。

社会人になったら
「こんな経験を積んでいきたい」
「こういう風になっていきたい」と
これまた漠然とですが考えていました。

しかし、結婚、出産を経て
自分のことは考えることはほとんどなくなり、
あっという間に6年が過ぎてしまいました。

出産前までは働いていたのですが
退職をしたので
どっぷりと家庭にハマりこんでいたのです。

今すぐに、ではなくとも
復職を考えていくことも視野に入れていこうかと
思っています。

ブランクがありすぎて
雇ってもらえるのか不安も心配もありますし、
家族、子どもたちに負担がかかることは避けたいですので
今でもイライラして怒鳴り散らしたり、
不機嫌になったりするのに
お仕事をしたら両立ができるのか。

考え出したらキリがありません。

ただ、自分も社会の一員として、
子どもたちにも生きざまを見せていくことを考えて
検討していこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする