幼稚園から泣きながら帰ってくる次男

ある日の出来事です。

次男がいつも通り長男とバスで帰ってきたのですが
わたしの姿を見ると
「ママぁ~・・・・!」
と口を台形にして泣きながら抱き着いてきました。

先生は
「また明日ね、さようなら~」
と帰って行ったので、バスの中で寝ていて、ママに会えて安心したのだろう、
と思ったのかな、と思いました。

しかし、次男の泣き方はそういう泣き方ではありませんでした。

何かをずっと我慢していた、ものがあふれたような泣き方です。
そう、以前幼稚園で見た泣き方でした。
幼稚園のお迎え

帰りながら
「どうしたの?」と聞くと
「次男ちゃん、お手紙、取られちゃった・・!!!」
と大号泣。

「誰に取られちゃったの?」
「先生が持って行っちゃったー!!次男ちゃん、書いたの、持って行っちゃったーー!!」

おそらく父の日か何かで書いたものを先生が回収した・・・・・とかでしょうか??

「次男ちゃんの、持って帰りたかったのにーー!!」
「そうかぁ。先生はなにかご用事があって持って行ったんじゃないかなぁ?」
「・・・・・・・・・・ご用事?」
「そう。先生は次男ちゃんにいじわるで取ったりはしないよ」
「・・・・・・・・・・・うん・・・・・・・・・」

と、少し落ち着きました。

ホッと一息ついたところで
次男が一言。

「次男ちゃん、幼稚園で泣いちゃった」

・・・・・・・お手紙を回収されたことが嫌で泣いたのかしら???

「それって・・・・」
「長男くんが説明します!」
とそれまで静かだった長男が手を上げて入ってきました。

「どうしたの?」
「あのね、次男ちゃんは年中さんの男の子に叩かれたの。それで泣いてたの」

・・・・・・・・・・?????????!!!!!!!!!!!
あらららら!!!!!!!???新説が飛び出しました。

スポンサーリンク

「どういうこと?」
「あのね、長男くんが今日はお医者さんにもしもししてもらう日(健診)だったから
お椅子に座って待ってたら、次男ちゃんが年中さんのお部屋の前で泣いてたの。
順番があったから、お友達に先生に言いに行ってもらって、長男くんはあとで行って
聞いたら叩かれたんだって。何もしてないのに。
で、年中さんは何も言わないからわからないの」
「・・・・・・・・・うん・・・・・・・」
とまたうるうるしだした次男。

ずいぶんとお話がうまくなったなぁ。とか思いながら
「そうかぁ。それはびっくりしたね」
と話すと、また次男は号泣。

「今日はよく泣いちゃう日だね」と話をそらしながら
早目のおやつにしたら、機嫌も直って遊び始めました。

落ち着いたところで、
ふと、この件に関して幼稚園から連絡があるかな。
何か次男がしてしまって、怒って叩かれた、とかかなぁ・・・
と考えたりしていました。

しかし幼稚園から連絡はありませんでした。

真相は今もわからないままです。

先生たちは何十人もの子どもたちを見ていて、
見きれないことはあると思います。

ただ、最近少し、思うところがあります。

やられる側はやられたままなのか。

状況が見えないからこそ、気になります。

もしかしたら、自分の子供が先に何かをしているのかもしれない。
それならそこを注意しないといけない。

もしそうでないのなら、なぜそうなったのか、
どうしたらうまくやっていけるのか、を考えていきたいです。

子どもからだけの情報ではあまりにもわかることが少なすぎて
判断しようがありません。

しかし、これくらいのことで連絡をするのはやはり気が引けますし、
成長に合わせた発達の途中なのかもわかりません。

ただただ、子どもたちが戸惑わないように
対応していきたいとは思っています。

スポンサーリンク