1歳児とのコミュニケーション

先日、幼稚園へ長男と次男を送り出した後、
いつもお昼寝に入る長女がめずらしく起きて、いないいないばぁからのえいごであそぼを楽しく見ていました。

わたしはこれはチャンス!とお洗濯ものを干したり、洗い物をしたりとバタバタと動き回っていると、
長女がやってきて、足にしがみついています。

「なぁに?」と聞くと、パンを食べて、ほっぺたをぽんぽんとしてニコニコしていました。

「あ!yummy?yummy♪yummy♪」と同じようにほほをぽんぽんとすると
声を上げて喜んでいます。

あ、なんだかコミュニケーションがスムーズに取れた!!
とわたしまでうれしくなりました*^^*

”yummy”はディズニーの英語システムの試供品でいただいたものに入っていて→英語
子どもでも簡単に表現できるので、長男次男の時からちょこちょこと音楽や映像などを見せていました。

長女の時にはなかなか時間もなく、じっくり、ということは難しいのですが
長男次男が教えてくれるので、長女も覚えていたようです。

音楽に合わせて覚えるので入ってきやすいようで、
音楽の大好きな長女はいつもうれしそうに表現しています。

スポンサーリンク

他にも長女はおなかをくすぐったり、おなかに顔を持っていくと大爆笑します。
何がおもしろいのか生後2~3か月頃からそうするとケラケラ笑います。
くすぐったいのでしょうか・・・・?

でも笑顔を見て、こちらも笑顔になって、
そうして目を見て一緒に笑っていると「楽しいね」という時間を共有できていることは楽しいです。

コミュニケーションと言えば、長女は最近少し言葉らしきものを発します。

泣いているときに「ママー」と泣いていたり、
「ぱーぱ」と呼んだり。

先日の公園遊びではお友達のママさんに
「あ、今次男ちゃんって言った?すごいねぇ~もうそんな時期になってきたんだね~」
と言われて、びっくり!

次男は言葉が遅すぎて心配だったのですが、
おしゃべりな長男でもここまで早くなかったように思います。

「女の子だからかなー?」とママさんは言っていましたが、
これからもっとコミュニケーションが取れるようになってくるかなぁと思うと楽しみです*^^*

3人目ですが、3人それぞれ違うし、また女の子なのでこれから違う心配も出てくるかとは思いますが
それぞれの個性と人間の違いがある成長を見ることができて楽しいとも思える時間が少し出てきました。

まだまだイライラもありますが、ゆとりを持って、行きたいと思います^^

スポンサーリンク