名前

出産してから、めっきり自分の名前で呼ばれることがなくなりました。

呼ばれるときには「〇〇くんのママ」です。

それを特に悲しいとも思っておらず、のんきに過ごしていました。

主人はあいかわらず名前で呼ぶので自分の名前を忘れることはありませんでした。

ただ、名前で呼ぶのは主人と独身の時からのお友達、そして親だけ・・・と思っていました。

そうして数年過ごしていたら、ある時から長男の幼稚園のお友達のママさんから「**ちゃん」と名前で呼ばれるようになりました。

わたしもそのママさんたちをお名前で「**さん」と呼びます。

今までママ友とか怖いと思って、次男がいたこともあり、積極的に関わってくることはなかったのですが、
少し、つながりが持てたことがうれしいと思える出来事でした。

名前は両親からの最初のプレゼントだと思います。

スポンサーリンク

わたしは自分の名前が大好きでとても気に入っています。
由来もとてもわたしの両親らしくて好きです。

わたしも子どもが産まれたときにはたくさん考えて、考えて、この子が好きになってくれたらいいな、と思って名づけました。
しかしこう言う言い方をすると語弊があるかもしれませんが珍しい名前(同じ名前の方もおられます)で、将来子どもが名前で思い悩む時が来るのかもしれません。
そのときには名前をつけた由来、漢字にも意味があることを伝えていきたいです。

それでもどうしても生活に困る、本人が生きにくいと感じるのならば、改名も考えなくてはいけないかもしれません。

しかし、大切につけました。

大切にしてほしいとも勝手ながら思っています。

長男、次男、長女。

大切な大切な子どもたちです。

スポンサーリンク